2013/09/09

英会話はたくさん聞いて耳を英語の発音や音に馴らすことが大事です。どうしてもニュースを聞いていても英語の単語しか耳に残らず、苦労していました。ひとつふたつの単語は耳に残るのですが、文章全体はなにをいっているのかわからず、苦労していたのです。そういうときに、耳で聞く教材に出会いました。根気よく繰り返す聞くことが大事なのだと気づきました。
たしかに耳がよい人のほうがヒアリングは早く上達するとおもうのですが、それぞれが数多く聞くことがなによりも大事だなと感じました。スピードラーニングの教材は無料の期間をもうけていますし、続けていくと会員が英会話をつかって交流をもてるパーティの機会をもうけているそうです。
またしゃべりたいときに外国人と話す機会をもてるそうです。わたしは、実は耳で聞く英語教材の弱いところはしゃべる機会が与えられないことだと思っていたので、ずいぶん最近はそこが改善されていい教材になってきたとおもいます。
英会話というのは使わないと上達しません。日本にいると英語を使う機会はほとんどないのでどうすれは上達するのかといえば。スカイプで英語圏の人と会話するのも上達方法のひとつだと思います。
自分なりに日本人が英語を学習しても会話できないかといえば、英語の授業で英会話重視の勉強をせずに文法ばかりの勉強したり訳す勉強しているからだと思います。実際に外国では英語の授業は英語だけで行われており、会話は文法がめちゃくちゃでも積極的に会話している人が多いです。
シャドーイングすることである程度は自分ひとりだけでも会話することは可能らしく、いろいろと試していますが効果はあるようです。効果的に英会話をするには外国で使うのが一番の上達方法ではないかと思います。
英会話は毎日使うことが一番の上達方法なので、もし外国人の友達がいたら積極的に会話することがいいと思います。
いなければ外国人の多いところに積極的に参加してみるのもいいかもしれません。